fc2ブログ

メンドロントット 14話

メンドロントット
06 /26 2015
ではメンドロントット 14話あらすじです。 本日もよろしくお願いします。

13話最後、町長がジョンジュに肩を貸している姿を見て
嫉妬したゴヌは店の庭でビールを煽っていました。
ゴヌが出かける前ジョンジュに「話しておきたいことがある。」と言っていたので
ジョンジュはゴヌを待っていたのですが、帰ってこないので電話。っがゴヌは電話を無視。
外でビールを煽っているゴヌを発見します。
ここにいたのか。と問うジョンジュにゴヌは
「町長と良さげな雰囲気だったから、邪魔したら悪いと思って気を効かせて出てきてやったんだ。」と
嫌味っぽく言うゴヌに「おかげで町長に慰められて良かったわ。所で話はなんだったの?」と尋ねますが
ゴヌは「何か期待してたのか?」と挑発します。
ジョンジュは「期待なんかしてない。もしかして一緒に行こうって言われたら、私は断るけどそうしたらゴヌが傷つくからどうしようって
悩んでいただけ!」と言います。それに対して
「一緒に行こうなんて誘うわけないだろう!」とゴヌは言い返ししばし口論に。
その後ゴヌは「少し前まで自分の事が好きだ好きだと大騒ぎしていたのに、切り替えが早いな。もしかして
自分の事も色々と助けが必要だったから努力して好きになったのか?」と言ってしまいジョンジュをキレさせてしまい
「済州を出て行ったら戻ってこないで。いや。今日からもう帰ってくるな!」と言われてしまいます。

結局ゴヌは1晩中店の外で考え込み夜が明けますが、体調不良になりリゾートへ行き寝込みます。
そんなゴヌを心配した姉。やはり何かあったのか?ゴヌ兄も心配してゴヌを捜していた。と告げます。
そして、ジウォンがリゾートを辞めてNYへ行くと言っているんだけどもしかして一緒に行くつもりなのか?と尋ねます。
ジウォンとの事にケリを付けるべくジウォンに会いに行ったゴヌは
自分は叔父の事業は継がない。ジウォンの願うようにはならないからあきらめろ。と告げますが
ジウォンは「私はあなたのお父さんのことも知っている。だけど諦めきれなかった。ジョンジュには
お父さんの事を話せていないんでしょ?それは心を開いていないから。私と一緒にNYへ行こう」と言いますが
ゴヌは「自分の弱点を好きな女に知らせたい男なんかいるか。それでもジョンジュに全て話して、一緒に行ってとすがろうとしたけど
おそかった。。。」と話して立ち去ります。

その後、ゴヌは兄と話し兄が事実を知ってしまったことを知ります。
2人だけの秘密にするということで話は付いたのですが、ゴヌ兄は自分の幸せのために
ゴヌを海外に追い払ってしまうようで申し訳ないを連発。
そんな兄に「兄さんが海女さんを幸せにしてくれたら、自分も心が軽くなる。メンドロントットでの最後の仕事が
兄さんの結婚式の料理って言うのも良いよね。」と話します。

一方メンドロントットではプンサンが、ゴヌの荷物を持っていくと言う口実で会いに行けとジョンジュをけしかけますが
むしろ、自分が荷物をまとめるからプンサンが持っていけ。とゴヌの荷物をスーツケースに詰めますが、
詰めながらも思い出が溢れだすジョンジュ。。。

その頃リゾートではゴヌが姉に結婚式の準備があるから店に戻ると告げます。
しかし姉はジョンジュに会いに行くのでは?と勘繰り、
「お金も店も貸して、不治の病だと知ってあんなに尽くしてあげたのに、あの子はゴヌが済州島を離れると言っても
何とも思ってないのね。ゴヌが寝込んでもお見舞いにも来ないし、本当に薄情な子だわ!」と言うのですが
ゴヌは「ジョンジュはそんな子じゃない。だいたい自分が寝込んでることをジョンジュは知らない。
ジョンジュの事良く知らないくせに悪く言うな!」と怒ります。

そこへプンサンから電話が。ジョンジュが荷物をまとめてくれたから持っていく。と言われ
ソコまでするか!!と憤ったゴヌは自分で取りに行くと店に行きます。

そこでジョンジュと再会。プンサンが持っていくと言ってたのに。というジョンジュに
ゴヌは「勝手に取りに来て悪かったな!そもそもココを追い出されたせいで風邪引いて
ここ数日具合が悪かったんだ。自分はジョンジュが不治の病だと思っていたとき、あれほどつくしたのに
ジョンジュは自分が具合が悪くてもお見舞いにも来ず、薄情だ!」と姉に言われた言葉をそのまま言い放ちます。
ただ「良くなって良かった。」位しか言い返せないジョンジュ。

荷物を持って外にでたゴヌは町長と出くわし、「自分がいなくなるからさぞ、嬉しいでしょ?そろそろプロポーズでもしますか?」とけしかけ町長も「その時が来たようですね。指輪取りに行ってこなくては」と立ち去ります。
それを聞いていたプンサンは「町長プロポーズするの?」とゴヌに尋ね
「今プロポーズしたらジョンジュは喜んで受け取るだろ!」と軽口をたたきますが
そしたらゴヌがジョンジュの結婚式まで見届けることになる。。と心配するプンサン。
それを聞いて心配になったゴヌは「いや。自分がここにいる間はジョンジュはプロポーズなんか受けないよ!受けるはずがない!」と言います。

そして倉庫に戻ってネックレスと飛行機のチケットを棚の上に。
出てきたところでジョンジュに出くわし、まだいたのか?と問われたゴヌは
「どうしようか迷ったけど、ココに置いておいた方がいいと思っておいていくことにした。持っていく自信もないし。。」
と告げ明日また。。。と告げ
さっきは酷いことを言ってゴメンとお互いに謝り、ゴヌは出て行きます。

一方町長はオーダーしていた指輪を受け取り、町役場に戻りますが
「今夜プロポーズするらしい」というウワサは既に広まっていました。
その噂を聞いた不動産屋さんは、町長の結婚が決まるのは嬉しいが
この気の重さはなんだ。。。と感じます。

そして町長はプロポーズの演出をお願いに不動産屋さんの元にやってきます。

悩んだ不動産屋さんは、ゴヌ父が自分にしてくれた恩をゴヌに返そうと決意し
一旦ゴヌをあばら家に呼び出し、そのごジョンジュに「あばら家に買い手がついたから急いで来て!」と
二人を呼び出しあばらに閉じ込めます。
あばら家の中は町長のために準備していた風船やキャンドルでいっぱい。。。
何とかして外に出ようとするジョンジュにゴヌは
「もうすぐ会えなくなるのだから少し話そう。送別会でもする?」と声をかけます。

ジョンジュに電話してもつながらない町長。(不動産屋さんが持ってる)
ゴヌが発つ前にプロポーズするのがフェアプレーだと思ったけど、それも叶わなかった。
自分もただのいい人じゃなくて熱い情熱を持っているところを見せたかったのに。。。と不動産屋さん相手に肩を落とします。

あばら家の二人はちょっと甘いムードなのですが
ジョンジュが「この家には幽霊が出る。出て行ってしまった夫をずっと待ち続ける妻の幽霊。この家に男の人が来ると妻の幽霊が夫かどうか確かめに来て、違ったら食べちゃうって!」と脅かしますがゴヌ無反応。
そして突然ジョンジュを抱きよせて「怖がらせたのはジョンジュだからしばらくこのままで。
ジョンジュが自分を好きになってくれたから、自分は良い人になれた気がする。どんなにひどいことをしてもジョンジュは絶対に自分を好きでいてくれる。っていう自信もあった。でもこれからは自分のために苦しまないで。ジョンジュを自由にする。」と告げます。
ジョンジュは先ほどの幽霊の話を持ち出し「待ち続けた女性の元に夫が帰って来た時、なんていえば夫は怖がるかな。。。
出て行った瞬間からあなたの存在は忘れたわ。待ってもいなかった。って言われたら男の人はショックかな。」とつぶやき出て行きます。
一人残されたゴヌは自分の置かれている状況と重ね「そんなこと言われたらショックだ。。」と考え込みます。

店に戻ってきたジョンジュはプンサンから町長がプロプロポーズしようとしていたことを
聞かされ混乱します。
そしてその後会った町長に「気持ちを整理して明日お話しします。もう中途半端にはしません」と話します。

あばら屋ではゴヌと不動産屋さんが。
なぜチャンスを活かさないのか!!と憤る不動産屋さん。
そしてゴヌ父はそこまで悪い人ではないのかもしれない。一度2人は会う必要があるが
確認したいことがある。それを確認して会った方が良いと思えばその時二人を会わせる。と話します。

そしてゴヌ兄結婚式当日。
順調に進む中、ゴヌは飛行機の時間があるからと式の途中で出て行きます。
見送ることしかできないジョンジュ。取り残されて呆然としているとゴヌから

article.jpg

「いざいなくなるとさみしいだろ?寂しがってくれたらいいな。」
「やっぱり自分は悪いやつだ。。ジョンジュがこの先誰とも付き合えなかったらいいと思う。
戻ってくると約束もしてないし、待ってろとも言えないけど、ジョンジュがこの先もずっと自分の事だけを好きでいて欲しい。」とメールが来ます。
急いで外に出るジョンジュですが間に合わず。

そしてプンサンから「あんなにゴヌのこと好きだったのに何で一緒に行かなかったの?
一緒に行こうって言う誘い断ったの?」と聞かれ
以前に、みんなの前でジョンジュが好きだと宣言したことを聞かされます。
そしてジウォンは今も外で式に参列してるから一緒に行っていないことを聴かされます。

そしてジウォン登場。「ゴヌがジョンジュに一緒に行ってほしいとすがるほど好きだなんて許せなくて
一緒に行くようなふりをした。」と聞かされます。

その後ゴヌ兄が登場し、今回の事はゴヌに責任はなく、やむを得ない事情があってのことだから
ゴヌを恨まないでやってほしい。と言われます。

ここでジョンジュはゴヌが倉庫に何かを置いて行ったことを思い出し倉庫へ。
そこでネックレスと自分名義の飛行機のチケットを発見し
ゴヌが本当に自分を好きでいてくれて、一緒に行ってほしかったのだと確信します。
そこに町長が登場。以前酔いつぶれ夜にゴヌが屋台に来ていたこと。
ジョンジュが夢だと思っていたのは現実だったことを聞かされ、空港へ追いかけるように言われます。

そしてチェジュ国際空港。ゴヌを捜しながら
今まで自分に自信がなくゴヌが自分を好きだと言ってくれていることに確信が持てなくて
ゴメン。。そしてずっと好きでいる。と心の中で謝り続けるジョンジュですがゴヌが見当たらず。。。。

っで14話終了です。

ゴヌも切なくジョンジュも切ないわ。。。。。。。。。。。。。。。。
あと2話。mbcのツイッターにも「頼むから恋愛してくれ!!」って上がってましたが
本当にその通りです。。。イライラするって言うより
悲しすぎる。そして水曜日まで長いやん!!!!!
今週プロデューサーもないのに。。。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

たっけん

コロナ禍前はほぼほぼ韓国ネタ。
コロナ禍以降は日常生活のあれこれ綴ってるオタクです。

推しはWEST. 
& ソン・シギョン

コメント大歓迎です♪
お問い合わせはメールフォームを♪