fc2ブログ

パルコ劇場で舞台観てきました。

虹色の沼
12 /28 2022
さいきんのできごと。

しれっと告白しますけど、わたし今年の春くらいから新しい沼に浸かりました。
(あ。決してシギョン沼を抜けたわけではありません)

そしてその後、紆余曲折あり、その沼からいったん出て足を洗いまして
夏くらいから別の沼に住み替えました。← もうこれが最後の沼にしたい。

FC加入はコンサート決まってからでいいか。と思っていた矢先
わたしの推しがパルコ劇場で舞台やるという一報が流れまして
コンサート行く前に舞台か。。。と思ったけど行かないという選択肢はないので
その一報見た5分後にはFC加入完了!(笑)
FC加入したからって取れるわけではないんですよ。
でも加入しないとほぼ取れないんです。
東京は全部で26公演あるので全部入れましたが
別のグループを推してる職場のお姉さまから「舞台のチケット当たったことない。」と聞かされており
まぁ新規だし、1名義しか持ってない上にキャパが小さいので無理かも予想してましたが
案の定予想通りの全落しました。(「ご用意できませんでした」のメール26件確認するの心折れたわw)
しかし、FC先行全落は想定内。その後行われるいろんな先行と一般と
譲渡していただいたチケットで4公演確保して観てまいりました。
(沼によっていろんなルールがあるのでKポ沼しか知らないわたしは日々勉強です。(苦笑))
故に舞台があった12月は毎週渋谷に通っておりまして、シギョンコンは行けませんでしたが
これがあるから耐えられた!!!(多沼の良いところです)


さて。パルコ劇場。渋谷パルコの8階にあります。
リニューアルしてきれいになったそうです。

2022122709270032f.jpg

パルコ劇場は外からもアクセス可能です。
気候が良ければ、5階くらいから外階段で上がるのもおすすめですよ。

6階フロアは任天堂ショップとかジャンプショップとかあって
とにかくごった返していてかなりカオスなので。

ソワレ公演が終わるとパルコの営業時間も終わってることがあるので
エレベーター待つより、外階段で帰ったほうが早いです。

今回観てきたのは。。。「幽霊はここにいる」
主演:神山智洋(ジャニーズWEST)

2022122709270313a.jpg

安部公房さん原作。43年ぶりに再演とのことでして演出は稲葉賀恵さん。
(稲葉さんがまたお美しいんですわ。)

あらすじは。。。

元・上等兵で、いつも幽霊を連れているという不思議な男・深川啓介(神山智洋)。その幽霊は生きていた頃のことを覚えておらず、深川は幽霊の身許捜しをしていた。とある街にたどりついた深川は、うさん臭げな男・大庭三吉(八嶋智人)と出会う。大庭の妻・トシエ(田村たがめ)と娘・ミサコ(秋田汐梨)は不審に思うが、大庭は、深川が幽霊と会話出来るということを知ると、これはいい商売になると考え「高価買います 死人の写真」というビラを町中に貼り、幽霊の身許捜しを兼ねた珍商売を始める。それを怪しむ新聞記者・箱山(木村了)は彼らの動きを探るも、地元の有力者や町全体をどんどん巻き込み、一大事業に発展していく・・・・・・。

(パルコ劇場HPよりお借りしました)


え?!ちょっと待て。今さらジャニーズ?!ってツッコミ
分かります。そうなんですよ。今さらなんですよ。
わたし自身困惑して現状受け入れるまで時間かかりましたから。
まぁこの話はおいおい←



パルコ劇場はキャパが636人とかなりこじんまりしてるので
実質どこでもS席レベルです。
前方で観劇できれば言うことないですけど
後方列でも双眼鏡あれば完璧ですがなくてもまぁそれなりに見られます。

わたしは毎回後方だったのと、1回目観たときに、自担の顔が小さすぎて
手持ちの双眼鏡では見えないという事態が発生しましたので良い双眼鏡買いました(笑)

(ちなみに。。。今回は本人確認入りませんでしたけど、転売サイト等で高額で出回ってた座席は
この日のこの席は確認しますよ。って公示が出てました。。。)

パルコ劇場内にはカフェがありまして、公演ごとに限定メニューが出ます。

今回は。。。
アルコールはエメラルド・ロイヤル


2022122709270021b.jpg


ノンアルコールはノエル・ルージュ

202212271059484a4.jpg

でした。
両方美味しかったんですけど、マチネ前にアルコールのカクテル呑むと
ふわふわしちゃうから要注意です(笑)


で、「幽霊はここにいる」なんですけど
3時間と長いので、間に休憩をはさみます。
お話そのものは原作に忠実に作られてます。
戦争体験とか入ってきてちょっと難しいというか理解するのに時間がかかります。
4回観てようやくぼんやり理解してる感じ。←遅っっっ!!!
特に1回目は初めて自担を生で見るので、そのことに舞い上がってしまって
気が付いたら終わってましたw

序盤の「幽霊はここにいる」という意味が
終盤の「幽霊はここにいる」とまるで違って、なるほど!っていう感じ。

八嶋智人さんが演じる大庭三吉は後半スーツに着替えてパリっとするんですけど
神ちゃんが演じる深川啓介はゴム靴が新調されるくらいで、復員兵が着てた軍服っていうんですかね
それを最初から最後まで着てるんですけど
ボロボロの軍服着てキレキレのダンスと、化粧水ボイスの歌声を堪能させてくれるくれる場面がありまして
ご褒美シーンと勝手に名付けて見入っておりましたw

主演は神ちゃんなんですけど、八嶋さんがとにかく素晴らしい!
神ちゃん食われてる。。。って感じがしなくもないですが(苦笑)
八嶋さん相手では仕方ないかという感じ。舞台のプロだし。
八嶋さん無くしてこの舞台は成り立たないと言っても過言ではありません。
実際八嶋さんがほぼ出ずっぱりですし。セリフも多いです。
回を追うごとにアドリブも磨きがかかって
色んな意味でただただ圧巻でした。
大庭三吉がえげつなさを増していけばいくほど、深川啓介のピュアさが光りました。

年末は歌番組とかも多くて、神ちゃんは舞台休演日やマチネ終わりで
そのまま生放送出演したりとかしてたんですけど
幽霊の深川啓介とWESTの時の神ちゃんとのギャップが凄すぎてますます沼るという。。。
舞台観た帰り道は「可愛かった。。。」と何度も口走ってる自分が怖かったですw

なぜ同じ舞台(コンサート)を何度も観るのか?
これはわたしも自分がヲタになる前は不思議で仕方なかったのですが。。。
舞台やコンサートは生ものなので、毎回いろんなことが起こります。
現場に行かないと味わえないことが多すぎます。
いくら展開(セトリ)が分かっていても行かずにはいられないのですよ。というわけで
資金があればもっと見たいところでしたが資金は限りあるし
先が長いので計画的に使わないとですね。(笑)




ランキングに参加しています。
下の子をぽちっとしていただけると
とても嬉しいです。(^^♪

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

え?まって、沼替えしたの??ww
両方だと思ってたわ。道理で最近出てこないなーって思ってたのよね。
彼ら見るとたっけさん思い出してたのに。そしてメンバーちょっと覚えたのにw
紆余曲折って一体なにがあったのか気になるし。

そうね、まさかたっけんさんがここに来て突然ジャニに行くとは思ってなかったけど何がきかっけで沼落ちるかわからないからねー。
4回公演見に行ってるもの凄いけどでも会える時に会っとけって言うし
彼らのライブだとチケット取るのも大変そうだしね。
ってか、顔小さくて双眼鏡でも見えないって初めて聞いたわw
どんだけ顔小さいのよ。

推しのライブ行けなくてもこうやって別の楽しみ見つけるたっけんさんが羨ましい。

saltnpepa さま

こんにちは♪

うん。。。J沼2個追いつつ、バラードもフォローするのは結構大変でw
あと、わたしの性格的に同じ熱量を2つっていうのは無理だな。と思って
どっちにするか?ってなった時にはすでに、神ちゃんにズブズブだったから
もういいや!ってなった(笑)

春先ツアーありそうだから、実家の住所使って名義増やすかどうか考え中だよw

アイドルだから顔小さいと思ってたけどマジで小さくてビビったわw
他の俳優さんは舞台の前方出てきたら肉眼でも見えるんだけど
神ちゃん無理だったーーー(笑)

たっけん

コロナ禍前はほぼほぼ韓国ネタ。
コロナ禍以降は日常生活のあれこれ綴ってるオタクです。

推しはWEST. 
& ソン・シギョン

コメント大歓迎です♪
お問い合わせはメールフォームを♪